よーそろー!


  航海コンソール 2008年9月

1月に操舵号令のことを少し書きましたが、大事なものを一つ忘れていました。

戦記映画やなんかで聞いたことある人も多いと思いますが、それは「よーそろー」。例によって語源をたどると「宜しく候(そうろう)」→進路を保持し船を直進させよという意味で、砕いて言えば「(このコースで)いいですよ」ということになりますか。「面舵」「取舵」を書いて、「よーそろー」をころりと忘れていました。いやはや…。

実際の調査では「ステレー(1月27日の記事をご覧くださいね)」に相当し、捕鯨以外の出身でこれを使う人もいました。私は自分が発見したクジラに船を向けてもらう時など、回頭中の船の針路を定める際に「よーそろー」と言っていました。回頭といえば、船を右回りに転回させる時は「面舵回り」、逆を「取舵回り」なんて言い方もありましたっけ。

おまけですが、船の世界では船首方を「おもて」、船尾方を「とも」といいます。変換しても漢字は出てこないのですが、「おもて」は舟偏に首、「とも」は舟偏に尾と書きます。古くからの言いならわしですが、普通に生活していてもつい、口から出そうになってしまって可笑しいです。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR