東京の雪


  鉄道を支える人達 2012年1月

今日は未明から雪ということで、前回こっ酷い目に遭った“東京”は戒厳令状態?になりました。なかでも一番ピリピリしたのはJR東日本でしょう。通勤時間帯に首都圏の運転本数を通常の70%まで減らしてしまったのですから。

本数を減らせば混むのは道理なので普段より15分早く家を出たのですが、雪は思ったほど積っておらず、西武線もほぼ通常ダイヤでの運行でした。高田馬場の手前でアナウンスが入り、間引きダイヤのせいで高田馬場駅は混雑しているということだったのですが、意外と大したことなさそうに見えて乗り換えたのが運のつき。新宿方面は物凄い人の数でいつ乗れるか分かったものではなく、滑り込んできた外回りに乗ったところがいつもの混み方で油断しましたね。池袋で上手く座れたまではよかったのですが、そのあと隣に座ってきたのが力士のようなごっつい兄ちゃんで、本当に潰されるかと。しかも上野を出たとたん急停車。先行列車の人身事故でした。あと少しなのに…。しばらく経って動き出しためっちゃ混みの京浜東北線で秋葉原にたどり着いて、後は事務所まで歩きました。定刻より15分の延着。まったく朝から散々でしたよ。

運転本数を減らしたことで混乱を招いたとか、結局大した雪じゃなかったとかいう結果論はともかく、JRさんにあっては雪の影響を早く判断してダイヤの正常化を試みる臨機応変な姿勢が欲しかったです。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR