クロアシアホウドリ


  つぶらな瞳 2007年7月

コアホウドリやアホウドリを紹介したら、やはりこのクロアシアホウドリも出さないわけにはいきませんね。漆黒の瞳がなかなか魅力的です。

走っている船が近づくと他の鳥同様、驚いて飛び立ちますが、漂泊中などこれでいいのかと思うほど近くまで泳いでくることがあります。もともと好奇心が強いのでしょうか、遠くからすいすい飛んできて船の周りをくるりと回って、再び飛び去ったりします(ちょっと見に来ましたよ~風な)。小笠原の営巣地に行った時、しゃがんでいる私のすぐ横をてくてく歩いていったので大変驚きました。基本的に警戒心が薄いようですね(これだからこの鳥の仲間は絶滅寸前にまで追いやられたのでしょう…)。

皆さんがもし日本の近海で船に乗ることがありましたら、ぜひこの鳥の仲間を探してみてください。大きくてよく目立ちます。飛ぶ姿にはきっと魅せられますよ。一人でも多くの方がこれら自然の生き物(鳥だけでなく他の生き物も含めて)に興味を持っていただけたらと思います。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR