あの頃


  東京駅にて 2008年4月

中央線の顔として長く親しまれた201系電車です。私の上京と同じ1981年から量産車を投入、いつも当たり前のように走っていたのですが、老朽化による置き換えということで2005年から廃車が始まり、2010年10月に営業運転を終了しました。廃車寸前まで酷使され、塗装がはげたり錆が浮いたりしていた地方の気動車などと違い、最後までよく整備されて、どうしてこれが廃車になるのだろうかと不思議でした。それは保守部門の方々のご尽力の成せる技だったわけですが、第二の人生もなく全て廃車になってしまったのは残念というか見事というか…。引退はわずか2年前のことですが、なぜか遠い遠い昔のような気がします。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR