海に立つ虹


  襟裳岬北東沖 2010年9月

この写真を見て、あれ?と思った方はかなり‘通’です。陸上で虹がこんな風に見えることはまずないのではないでしょうか。というのも虹は多くの場合、夕立ちやスコールのような雨のカーテンができて、そのカーテンと太陽の間に観察者が立った場合に見えるからです。この写真、上空までよく晴れ渡っていますよね。虹の上の方には、うっすらと月も出ています。

タネ明かしをすると、この日は物凄く風が強くて、海面から舞い上がった細かい飛沫がちょうどいい具合にカーテンを作っていたのです。だから直上に雲はないわけですね。虹は大好きなモチーフの一つなので、見つけると写真を撮るのですが、こんな風景は後にも先にもこれ一度きりでした。

Comment

Post a comment

非公開コメント

虹だぁ!

やっと始めたのですね(*^^*)
何年待ったことか…

写真と言葉と…
楽しみにしています(^_^)v

のん

Re: 虹だぁ!

コメントいただき、どうもありがとうございました。
のんびりと長く続けたいと思いますので、気長に見ていてくださいね。

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR