車内アナウンス


  西武2000系2001F 2012年10月

毎日黄色い電車で通勤しています。特に理由のない時は同じ時刻の電車を利用するのですが、朝はまず定刻で走るということがありません。具合が悪くなった乗客の介護から線路内の立ち入り、ドアに荷物が挟まってetc理由は様々です。その都度、今どういう理由で何分遅れて…とアナウンスが入るのですが、最後は決まって「お急ぎのところ誠に申し訳ございません、お詫び申し上げます」と締めくくります。きっとマニュアルがあるのでしょうね。でもたいていの車掌さんは男性であれ女性であれ、機械のような無機的な声でお詫びを言います。人の声には“調子”があって、聞く人はテキストの情報に感情を関連付けて聞いています。お詫びの部分に関して、感情を押し殺したマニュアル棒読みのセリフを毎日聞かされるのにウンザリしているのは私だけでしょうか。ちっとも詫びているように聞こえないので、それなら何分遅れているかという情報だけの方が有難いように思います。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR