都民の森に行ってきました2017 4


  神経質? 2017年9月

 ミヤママルハナバチ♂と同じアザミ群落に、少し大きめでカラーリングの異なる個体がやってきました。花に留まる時間はやや短く、次々と移動していきます。神経質なようにも見えますが、口吻が短くて奥の蜜に届かないのかもしれません。これまであまり見たことのない姿だったので、図鑑と見比べてみたのですが、クロマルハナバチのオスでしょうか。でも後脚に見える長い毛は花粉籠のようにも見えるし、オスは花粉を集めることをしないそうなので、花粉籠があるのは変ですね。とにかく分からないことばかりです。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR