左膝のこと


  一粒300メートル 2017年7月

 土曜日、病院に行きました。5月の乗船中に痛めた左膝は、少しずつ回復傾向ではあったものの、出張やなんかで調子に乗って歩き回っていたら、症状が悪化しました。全く自業自得なのですが、痛くて辛いので、地元の病院の整形外科を受診しました。
 9時の診療開始の少し前、初診受付で貰った番号が23番。それほど多くないかと思ったのが大間違いで、自分の番になったとき、3時間が経過していました。さらにそこからレントゲンを撮って、担当の先生に説明してもらい、会計を済ませたのはなんと5時間後!しかも時折、耳に入る他の患者さんの噂話では、月曜はもっと混むのだとか。恐るべし総合病院。

 先生のお話では、症状としては軽症で、ごく初期の変形性関節症ということでした。いわゆる“水”が溜まってはいるけれど、注射器を使うほどの量ではなく、次第に抜けていくそうです。それでもこれだけ痛むのだから、関節のトラブルは恐ろしい…。結果、湿布と痛み止めを処方していただきましたが、念のため、再来週に膝専門の先生が来るので、もう一度診ていただくことに。
 これも先生のお話ですが、体重が1㎏増えると、膝にかかる負担が5倍になるそうです。今更ながらですが、体重の増加って、恐ろしいことですね。坂道や階段の昇降で膝に負担をかけないよう、エスカレーター等を使いなさいとも言われました。当分は安静?です。

 いつも思うことですが、健康に勝る宝はありませんね。皆様もどうかお体を大切に。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR