近況のご報告


  巡回する 2017年4月

 この1か月ほど、ご無沙汰していました。

 6月の1日に清水で下船、そのあとの仕事に目途がつかなくて考えあぐねていたところ、前職と同じ補助事業の別な構成員である公益社団法人の部長さんから、陸にいる間、仕事を手伝わないかとお誘いがかかり、誕生日の13日から築地に通っています。交通費支給、社会保険・厚生年金加入、10時出社(膝が痛いことへの配慮をしていただきました)、通常は私服、そして何より、調査の時は船に乗ってよいと。涙が出るほど破格の待遇を受けています。ありがたいことです。
 通い始めて1か月が経過しましたが、この間に出張が2回。最初が岡山で、今回は京都と大阪。昨日大阪で解散したため、実家に寄っています。

 岡山の出張は食育イベントのお手伝いだったのですが、「煮干しの解剖体験」というのをやりました。食べればそれまでの煮干しですが、上手に解剖すると脳や心臓、鰓耙(さいは=エラの付近にあって、餌を濃し取る器官)などを観察することができます。解剖体験を通じて魚食というものに関心を持ってもらうのが狙いで、子供たちだけでなく、大人にも好評でした。取り出した各臓器(といっても乾燥しているので、生々しさはありません)を台紙に貼って持って帰ってもらったのも、受けた理由かなと思います。参加者に解剖のアシストをしたり、パンフレットを配ったりするのが自分たちの仕事でしたが、私は解剖が下手くそ(勉強不足!)なので、ほとんど他のスタッフに任せていました…。

 京都・大阪は、秋に開催するイベントの打ち合わせだったのですが、京都ではちょうど開催されていた祇園祭の前祭(さきまつり)を見ることができました。生まれて初めて本物を見ました。歴史って、肌で感じるものなのですね。
 大阪では同行の部長さんが初めてということだったので、道頓堀のグリコの看板を見に行きました。平日なのにえらい人出。あちこちに提灯が下がっていて、そういえば天神祭りがもうすぐです。

 この2日間、とにかくよく歩きました。おかげで一度は復活?した膝が再び悪化、今日は母親にもらった絆創膏を貼ってなんとか凌いでいます(結構、効くものですね)。

 実は大阪に立ち寄ったのは理由がありまして、昨年、初期の認知症と診断された父親の症状がここ数カ月で進行し、介護にあたる母親が心配だったのです。今日はケアマネージャーさんと話ができて、ひとまず対応の方針も決まりました。ただ、症状は個人差があって先のことは予測しがたく、離れて暮らす身としては不安が募るところですが、幸いにケアマネージャーさんが大変親身に考えてくださる方で、まずは安心しました。

 明日、東京に戻ります。月曜日は海の日。安静にして膝の回復に努めます(近々治療を受けないといけません)。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR