対馬に行ってきました 1


  ツシマコマルハナバチ 2017年4月

 対馬に行ってきました!
 東京を出発したのが4月29日。新幹線で博多、鹿児島本線に乗り継いで千早駅で西鉄貝塚線へ乗り換え、ひとまず新宮へ。それから三苫、和白と下って写真を撮った後、福岡地下鉄に乗って天神に行きました。ここからバスでベイサイドプレイスのフェリー乗り場へ向かい、Sさんご夫婦と合流。出港は日付の変わった0時5分で、対馬の厳原港には5時前に到着しましたが、ちょっと早すぎるので7時まで船内で待機させてもらいました。外には出られないのですが、船室で寝ていられるので助かります。また、朝から行動できるので、一日がとても有効に使えました。

 というわけで初日、4月30日はレンタカーを借りたのち、まず島の最北端、韓国展望所という場所に向かいましたが、何せ対馬は初体験、運転はSさんにお任せしていたので(どうもありがとうございました!)、どこを走っているかもよく分からず、今回は写真の公開を中心に、ひとまず紙芝居的にご覧いただこうと思います。

 今回、対馬を訪れた一番の目的は、この島の固有種であるツシマコマルハナバチの撮影でした。どれだけ大変かと思いきや、厳原港フェリー乗り場や展望台のツツジの植栽に訪花している姿が見られ、写真に収めることができました。遺伝子的には東京にいるコマルハナバチと同じということですが、姿はまるで異なっていて、内地のコマルハナバチのボディーがほぼ黒色、先端部がオレンジ色であるのに対し、対馬産のボディーはレモンイエローです。先端部のオレンジ色は同様ですが、見た目はまるでコマルハナバチのオスのようです。
 フェリーを降りるなりこのハチに会えて、とても幸先の良い旅行となりました。




Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR