最近のこと


  せわしなく吸蜜 2017年4月

 先週の木曜日、府中市郷土の森博物館に行ってきました。旧い友人と、マルハナバチに会うためです。

 敷地内のあちこちにツツジはじめ、いろんな花は咲いていましたが、時期が早かったのか、マルハナバチにはなかなか出会いません。それでも友人と茶屋で団子を食べながら喋っていると、手の届きそうな距離に1頭、飛んできました。コマルハナバチの女王です。まだ巣穴を探しているらしく、花には目もくれずに飛び回っていました。そのあとハナダイコンの茂みで1頭、見かけましたが、こちらは色が全体に赤っぽくて、コマルハナバチではないような印象でした。いずれにしてもマルハナバチたちの活動が始まったようで、喜ばしいことです。

 ツツジなどの花にはもう1種、忙しいハチたちが飛来していました。オスの触角が目立って長い、ニッポンヒゲナガハナバチです。じっとしてくれることが少なくて苦労しますが、何とか写真に撮れました。翅の肘室が3つに分かれていることから、シロスジヒゲナガハナバチとは区別ができます。毎年、この時期にはよく見かけ、なかなか愛くるしい顔をしています。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR