そうだ、京都へ行こう 4


  大正生まれ、頑張る 2016年11月

 のんびりと京都鉄道博物館ネタで引っ張っております。

 写真は、SLスチーム号を牽引する8620型8630号機です。この機関車は大正3年、辰野金吾が設計した東京駅落成と同じ年に大阪・汽車製造株式会社で製造され、当初は山陽本線・三田尻機関庫に配属、のち宇都宮や千葉、常陸大子、平などを経て昭和47年に弘前区でさよなら運転となりました。この8620型は旅客用として初めて量産された国産蒸気機関車で、大正3年から昭和4年までの間に672両、さらに樺太庁や台湾総督府等に向けても製造が行われました。9600型と並び、大正生まれながら蒸気機関車終焉の時期まで現役で走りました。基本設計が非常に秀逸であったこと、整備に携わる方々の技術も同じく優秀であったことなど考えられますが、100年!を経て今なお、動態保存されていることに驚くばかりです。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR