ウツギの花に


  大らかに盗蜜 2016年6月

 土曜日、近所へ食事に出かけたら、公園のツクバネウツギが花を咲かせていました。もしやと思って定点観測している木まで行ってみると、満開とはいきませんが、たくさんの花をつけていて、キムネクマバチが1頭、吸蜜しているところでした。ぶんぶんと大きな羽音を立てながら、次々と花の蜜を集めます。マルハナバチなどのように口吻を伸ばすのではなく、花の付け根にぶすりと刺して蜜を吸う、いわゆる盗蜜スタイルです。気持ちいいくらい大胆に蜜を集めていきますが、受粉の助けにはならず、花にとっては迷惑なことですね。
 この日、残念ながらコマルハナバチは見ることができませんでした。気温が30℃くらいまで上昇して、かの種にはちょっとキツかったのかもしれません。そろそろオスも現れる季節かと思いますので、気を付けて観察してみようと思っています。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR