大型連休 3


  トナカイのような触角 2016年5月

 遊水池脇の草むらで観察していると、黒っぽい昆虫が慌ただしく飛び交っていました。止まった姿をよく見ると、まるでトナカイのような立派な触角を持っています。これも調べてみると、ヒゲブトハナムグリという、コガネムシの仲間のオスでした。ガなどでは顕著ですが、多くのオスはメスの放つフェロモンを嗅ぎ分けるため、触角が発達しています。見ていて非常に慌ただしいのも、メス獲得競争の激しさ故かもしれませんね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR