都民の森に行ってきました ‐3回目‐ 8


  つぶらな瞳 2015年9月

 マルハナバチが忙しく飛び交うアザミの花の脇、コンクリートの杭の上をふと見ると、白黒模様も美しいクロスズメバチが1頭、じっとしていました。腹部が大きい印象で、ひょっとしたら巣立ったばかりの新女王なのかもしれません。顔(というのかな)の模様からすると、クロスズメバチ属・シダクロスズメバチのようです。スズメバチというと一般には、悪魔のように恐れられていますが、この種はいたって温厚で、巣の傍で写真を撮ったりしても威嚇されるようなことはありません(時期的なこともあるので、もちろん過信は禁物です)。この時も散々近寄りましたが、こちらを意識する様子はなく、やがて周囲を検分するようにゆっくりと歩きまわっていました。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR