キタオットセイ

PL1O1675bWW.jpg
  じっと見つめる 2007年6月

6月の日本海。礼文島のはるか沖合で海況不良のため待機していると、キタオットセイがやってきました。わずかな間でしたが、じっとこちらを見つめる眼差しが、まるで人間のようで不思議な感じがしました。生き物たちと付き合っていると、時にこうした経験をします。

長い間、鯨類の調査員をしてきました(誰だかバレバレ?)。調査といっても捕獲するのではなく、一定の条件下で淡々と走り、発見した鯨類の種類を判断して数を数えるというものです。目視調査といいます。泳ぐ鯨類に標識を付けたり皮膚のサンプルを少しだけ採取することもあります。期間は数週間から数カ月までいろいろですが、長い調査だと途中で燃料や飲料水、生鮮食料などの補給のため、各地の港に入ります。調査員は船の協力を得て現場を運営する仕事ですが、長くなりそうなので、また折々にお話ししていきますね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ブログ開設おめでとう!

> 良い写真ですね!これからも、ちょちょこ覗かせていただきます。

どうもありがとうございます。初めてで、おぼつかないブログですが、今後ともよろしくお願いします!

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR