みつばちファームのこと 3


  吸蜜するアオスジハナバチ 2015年8月

 仕事熱心といいますか、忙しないといいますか、とにかくよく動き回るアオスジハナバチを何とか捉えた1枚です。お腹の青い筋が3本(第2節~第4節)なので、メスのようです。メスは土中に穴を掘り、15個ほどの独房を作って幼虫を育てるそうですが、マルハナバチに少し似ていますね。自分で掘るところが違いでしょうか。

 シソ科のこの花はもともと暖地性(九州だったかと)で、ルリモンハナバチ、別名ブルービーを呼び寄せるのだとか。ブルービーは希少種ゆえ、童話の青い鳥と同様、幸せを呼ぶ青いハチというわけです。ただ、この地にルリモンハナバチはおらず、代わりにアオスジハナバチが幸せを運んでくれる?ことのようでした。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR