むし撮り3


  かなりの大物 2015年8月

 今日はセミを撮るべく出かけたのですが、ふと傍らを見やると、鼻先から翅の端まで20数ミリもある、大きなカメムシがいました。何気なく写真を撮って後で調べてみたら、キマダラカメムシという外来種であることが分かりました。もともと南方系で、わが国で初めて発見されたのは1770年代の長崎といいいますから、ずいぶん長い(人間スケールで)日本暮らしですが、東京で見つかったのはつい最近、2010年のことだとか。これも温暖化の影響なのでしょうか。陸といわず海といわず、じわじわと生態系が変化してきているようで、不気味です。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR