船の火災


  さんふらわあ だいせつ 2011年7月

 4日前の7月31日、苫小牧沖を航行していた商船三井フェリー所有のカーフェリー、「さんふらわあ だいせつ」で火災が発生しました。車両甲板の貨物車から出火した可能性が高いとのことで、保安庁による消火活動が続いているものの今だ鎮火には至らず、本夕より函館湾に向け曳航が始まりました。亡くなった二航士の方も、今なお燃え続ける船も、どちらも大変に痛ましいことです。

 写真は平成23年、岩手県久慈市沖ですれ違った、「さんふらわあ だいせつ」です。白い船体に真っ赤なファンネル(商船三井グループの証です)、大きく描かれた太陽マークは、“いつもの”さんふらわあで、しばしば見かけるため、また走ってるな、くらいにしか思わないのですが、いつも走っているということの安心感のようなものがありました。この日はごく薄い雨の降る中、“いつもの”駿足で走り去って行きました。

 自分が船に乗っていた時も、火の始末は厳しく言われました。船火事は本当に恐ろしいことです。一日も早い収束と、できることなら、この船が再び洋上に復帰できることを願ってやみません。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR