梅雨といえば


  列車に向けて 2015年5月

 この季節、テレビなどでは決まって「鬱陶しい梅雨が…」という言葉が聞かれますね。日本は四季の国。寒さがあるから暑さに焦がれる、雨があるから晴れに心躍るという関係ですので、雨の日も楽しめばよいのになと思います。

 調査員時代は雨が続くと調査が止まってしまい、ノルマといいますか、未調査区間が多発して調査の質にかかわってきます。梅雨前線の動きには本当に気を使いました。前線を回避するため、ひと晩中、船を走らせてもらったこともあります。調査中は基本的に夜間漂泊(ゆっくり休める…)なので、夜間航走に快く応じて下さった船の方々には、今も頭が上がりません。梅雨時期の天気図を見かけると、そうした当時のことを思い出します。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR