3.14 ダイヤ改正


  北へ 2014年12月

 今日3月14日、JR東日本のダイヤ改正がありました。北陸新幹線が金沢まで開業、在来線でも上野東京ラインが開業して日々のラッシュがいくらか緩和される(見込み?)という話題の一方で、札幌行き寝台特急「北斗星」や「トワイライトエクスプレス」といった長距離夜行列車が、臨時を除いてなくなってしまうという、ファンにとっては寂しい限りの改正です。

 車体の塗色からブルートレインと呼ばれ親しまれてきた寝台列車でしたが、北斗星がなくなったことで、残るは青森-札幌間の急行寝台「はまなす」のみ(青いのは、という意味で)。札幌行きとしては寝台特急「カシオペア」が残りますが、車体色はシルバーなので、ちょっとイメージ違うかなと。

 いろいろ書いていますが、実は北斗星に乗ったことがありません。寝台料金が加算されるので高くつき、出張等でもとうとう乗れずじまいでした。ですが帰宅途中、回送入線してくるシーンや、発車の後に並走する姿を山手線から眺めることも多く、北海道への憧れも相まって思い入れの深い列車です。

 北斗星がなくなると聞き、去年の暮れあたりから折を見て上野駅で発車を眺めに行ったりしていましたが、定期運用最終日ということで、昨日13日は仕事帰りに鶯谷駅へ足を運びました。
 昨今の鉄道マニアの愚挙暴挙については、マスコミ等でも取り上げられること暫しですが、この日もそれなりに人出があって、山手線外回りホームは一部にロープが張られ、駅員があちこちに立って、ピリピリした雰囲気がありました。やがてモーターを唸らせながら北斗星がやってくると、あちこちからシャッター音が聞こえ、列車に手を振る人の姿も見られました。私はただただ、走り去る列車を眺めていたのですが、ざわざわして旅情とは程遠く…。でも最終日はイベントみたいなものなので仕方ないですね。大した混乱にならず、ありがとうなどと絶叫する輩がいなかったのが救いでした(あの連中には全く、虫唾が走ります)。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR