大阪・和歌山出張 8


  食パン系の顔 2014年10月

 帰路、特急に乗り換える御坊までは紀伊田辺発の普通列車に乗りました。ぱっと見、阪和線色の103系かなと思ったのですが、車体の裾が絞ってあるし、窓周りや行き先表示の雰囲気もちょっと違う…あ、大体、3ドアだし(103系は4ドア車)。車番を見て驚きました。103系ではなく、113系だったのですね。

 113系は本州地域の暖地線区で普通列車や快速列車に使用されてきた、近郊型電車の定番です。関東では東海道線や横須賀線で3年くらい前まで、ごく普通に見られました。写真の編成は113系2000番台といって中間電動車からワンマン用に改造(2両で1編成)されたものですが、運転室を新造したため、このような顔になった模様です。製造はわずか2編成のみということで、思いがけず幸運な出張となりました。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR