大阪・和歌山出張 6


  比類のない存在感 2014年10月

 「かえる橋」といいます。出張先の印南駅に降り立った途端、目に入りました。ものすごい存在感です。景観との調和とかデザインとかいった言葉をはるかに凌駕しています。もうすでにできているものですし、いまさら何をどう言っても仕方のないことなのですが、行政の人や、設計に携わった人や、毎日これを見て暮らす土地の人はどのような気持ちだった、あるいは気持ちなのでしょうか。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR