この週末


  高橋是清邸 2014年10月

 この週末、土曜日は都立小金井公園に行ってきました。主な目的はドングリ拾いですが、ちょっと時期が遅かったようで、落ちたばかりの綺麗なドングリは少なかったのでした。それでもクヌギやコナラのドングリとトチの実を少しばかり持って帰ることができたので、そのうち写真でも撮ってみようかと思います。

 去年、トチの実を拾った場所に行ってみると、付近が立ち入り禁止になっていて、スズメバチの巣を駆除したばかりなので危険…というようなことが掲げてありました。ハチに刺される人がいては大変なのはよく分かりますが、ごく当たり前のことをしているだけのハチにとっては、突然、薬を撒かれたり巣ごと持ち去られたりして、少なからず気の毒な気持ちになります。残念ながら、この種の生き物と我々とは、どうしても共存できないのですね。

 写真を撮っていると時々、恐ろしげな羽音をさせてスズメバチがやってくることがあります。こちらが何もしないでいると、やがては飛び去りますが、すぐ目の前を飛ばれるとやはり相当緊張します。ただのパトロールだと分かっているので、あまり慌てませんが、巣が近いとか、荒らされた後だとかで気が立っていると本当に恐ろしいと思います。威嚇なしでいきなり刺してくるという話も聞きました。普段の彼らは落下した果実で食事していたり、花や葉の近くで獲物を探していたり、彼らなりにとても忙しくて、こちらから悪さしなければトラブルになることは少ないように思います。スズメバチにも大人しい類や攻撃性の高い種があって、例えばクロスズメバチなら巣のすぐ近くで写真を撮っていても威嚇されるようなことはありませんでした。ただし、危険な時期はあるようで、やはり今の季節は気が立っていて近寄らない方が良さそうです。

 ハナバチの仲間はさらに大人しいのですが、以前、キムネクマバチの吸蜜をストロボを焚いて撮っていたら、突然向かってこられたことがありました。やはり鬱陶しかったのでしょうか。ちょっと怒ったようです。以来、ストロボはなるべく控えるようになりました。自分だってストロボをピカピカやられたら嫌ですもんね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR