ウツギの花に 2


  キムネクマバチの吸蜜 2014年7月

今日、2箇所目に訪れたツクバネウツギの茂みで、ぶんぶんと元気に吸蜜していたキムネクマバチです。見かけの割には大人しい(のか、単に忙しいだけなのか…)ので、いつも近づいて観察しています。よく見ると、口吻をウツギの花の根元にぶっつりと刺して吸蜜していますね。これは「盗蜜」といわれています。別に悪いことしているわけでもないと思いますが、花にしてみれば、雄蕊や雌蕊に接触して受粉の助けをしてくれるから蜜を提供しているのに、これでは蜜だけ吸われてしまって、役に立たんじゃないか!というわけで「盗蜜」なのですね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR