大阪出張


  天王寺駅にて 2014年3月

このところ出張ネタが続きますが、もう暫しのお付き合いを。

今週の出張は日帰りの大阪でした。写真は関西本線の201系。2011年に引退したJR東日本の201系とは(塗色はさておき)見た目そっくりですが、ヘッドライトの取付けその他、細部が異なります。ウグイス色の201系というのも東京の人間には不思議な感じがしますね。川越線あたりに転属していたら、こんな雰囲気だったのかな。

子供の頃は大阪市の住吉区というところに住んでいました。当時、天王寺へ買い物に行くのはちょっとした家族のイベントで、近鉄百貨店で買い物をして、ステーションデパートで食事をするのが楽しみでした。ステーションデパートの食堂からは関西本線のホームが見下ろせて、運がよければ蒸気機関車(きっと臨時列車でしょうね)の煙が見えたものです。環状線も阪和線も電化していたのに、関西本線だけはなかなか電化せず、蒸気機関車が引退した後もキハ35系などのディーゼルカーが走っていました。客室ドアが車体の外吊りで、関東だと八高線や房総地区などで見られましたが、今となっては懐かしい車両です。

オレンジ色の201系はじめ、気が付くと馴染みの車両や列車、路線などがどんどんなくなっていきます。関西に行くと、よく知らない車両がたくさん走っていて面喰いますが、まだ一部路線では103系なんかも現役でがんばっていて、「日常鉄道博物館」と化しています。そのうちゆっくり写真を撮りに行きたいと思いますが、一体いつになりますか…。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR