ペルーのこと 8


  なんだかパグに似ているような… 2007年12月

カヤオの岸壁につけてすぐ、燃料の積み込みが始まったのですが、ここは岸壁に給油設備がないので、タンクローリーが何台もやってきてA重油を補給しました。その作業に先立ち、ホースをつなぐ継手などを運んできたのがこの車。例によってメーカーや年式は分かりませんが、ボンネットのマスコットがオリジナルなら、手当たり次第に調べて車種が特定できるかも。

先のヒルマンもそうですが、ペルーの車はバンパーで前の車をグイッと押すのかな。ぶつかったでもなく、微妙にひしゃげた車が多かったように思います。でも、みんながそんな感じだから、ひしゃげているのも味のうちになっていますよね。道具として使い倒す、それもまたよしという、よい見本ではないでしょうか。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR