ペルーのこと 5


  カヤオ港にて 2007年12月

お久しぶりのペルーネタです。

補給で寄港したペルーのカヤオ港は、首都リマに近い巨大港です。コンテナ船や自動車運搬船などの大型船がどんどん入ってきます。構内はそれらの貨物を運搬するため、大型トラックが頻繁に走り回っていて、そのほとんどがトラクターヘッドでした。

写真のトラクターヘッドは「スカニア110」。スカニアは1900年に設立されたスウェーデンの自動車メーカーで、戦前からバス・トラックなどを生産し、第二次大戦中は戦車も作っていたとか。乗用車からは撤退しましたが、バス・トラック部門は健在で、日本にも法人があり、輸入・販売などを行っています。

このスカニア110は、詳しいことは分からないのですが、60年代から70年代にかけての生産であるようです。ごっついトラクターですが、どことなく愛嬌のある顔をしていますよね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR