秋日の散歩 2


  花壇の花で吸蜜 2013年10月

こちらツマグロヒョウモンのオスです。メスと違って前翅の先端部表面に黒地と白い帯がありません。翅の表側はヒョウモンチョウ類に典型的な豹柄ですが、後翅の外縁が黒く縁取られるので他種と区別ができます。写真の蝶は右後翅の先端がボロボロになっています。この季節の蝶によく見られる姿ですが、これも生きた証なのでしょうね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

スミレ類が食草なんですよね。うちのスミレたちをあっという間に食べては、
蛹になっているのをよく見つけます。

スミレを坊主にするくらいで何の悪さもしない子たちだけど、うちに来るくらい
だから、食草見つけるのも苦労しているんでしょうね。

Re: No title

街中で見るチョウとしては大きい方だと思うので、きっと幼虫も大食漢なのでしょうね。一見、毒毛虫っぽいツマグロヒョウモンの幼虫は刺したりしないのですが、色も形も相当“凶悪”なので、毛虫だ~と駆除しなかったあなたは大変エライです!

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR