安全運行


  見守る 2012年1月

1年この方、西武線と山手線に乗って都内の事務所に通勤しています。毎日のこと、あれだけの本数の列車を安全に走らせる関係者の皆さんの尽力には、本当に頭が下がる思いです。ラッシュや予期せぬ事故でダイヤが乱れることもありますが、多くは定時で運行される列車ダイヤに日本の鉄道の誇りを感じます。

しかし近ごろ、気になることが…。
一昨日、函館本線の貨物列車の脱線事故がありましたが、線路の幅が規定以上に広がっていたのを知りながら1年も放置…ということでした。日本国有鉄道が分割民営化されて26年、民間企業となって経営がシビアなのは理解できますが、安全を犠牲にしてまで優先させる事項はありません。大変に嘆かわしいことです。

日々乗車する山手線。雨の日、枕木の間に水が溜まっているのを目にします。道床はそもそも水はけを良くして枕木が腐食しないようにするものではなかったでしょうか(もちろん乗り心地にも貢献します)。コンクリート枕木が主流の今日であるとはいえ、手を抜かれているようで、あまりいい気もちはしません。
(鉄道に限らず)いつまでも無事故であってほしいと、切に願う今日この頃です。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR