都民の森に行ってきました 8


  ひっそりと咲く 2013年8月

都民の森シリーズで引っ張ってしまいましたが、もう少しお付き合いください。

これもハイキング道の傍らにひっそりと咲いていたソバナです。漢字で書くと「岨菜」。「岨」の字は切り立った崖という意味だそうで、ひょっとすると昔は簡単にお目にかかれなかったのかも。種としては薬草でも知られるツリガネニンジンの仲間です。両者を比べてみると、花の形はそっくりですが、茎への付き方(並び方)が異なる点などで区別できるとのこと。また花の中から柱頭が飛び出しているのがツリガネニンジンとあるのですが、このソバナは…飛び出してますよねぇ?

外洋で鯨類の識別をする際、個体やグループによる変異というのがけっこうあって、教科書通りの観察だけでは種類を間違える可能性があります。経験がモノを言うところです。植物においても同じようなことがあるのかもしれませんね。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR