都民の森に行ってきました 5


  巣の拡張中 2013年8月

この日、宿泊したケビンのすぐ前に、ロープを張って立ち入り禁止とした区画がありました。張り紙には「スズメバチの巣あり危険」と書かれています。施設の職員さんに尋ねると、土の中に巣があるとのこと。土中に巣を造るのはオオスズメバチかクロスズメバチの仲間(で良かったかな?)、前者ならかなり危険もありますが、しばらく見ていても現れる様子はないので恐る恐る近づいてみると、朽木の脇に巣の入り口がありました。

観察を始めるとすぐ、中から1頭、現れました。小柄で白黒模様のクロスズメバチです。一般にクロスズメバチと紹介されていますが、よく似た模様で別種(クロスズメバチとシダクロスズメバチ)があって、初心者の私にはよく分かりません。後で調べたところ、頭部の模様からはクロスズメバチかなぁと思ったのですが、確信が持てません…といったこちらの都合には関係なく、ハチさん達は活動しています。巣の入り口で羽根を震わせ、中に新鮮な空気を送っていると思しきもの、土の塊を咥えて外に捨てに来るもの、狩りに行くもの帰るもの。じっと見入る私には目もくれず、忙しいこと忙しいこと。人間など知らん顔で、そこがとても嬉しいひと時でした。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR