都民の森に行ってきました 2


  ハギの花で吸蜜 2013年8月

初日は都民の森でマルハナバチを撮影し、奥多摩湖畔にある山のふるさと村で宿泊しました。
山のふるさと村は東京都の自然公園施設。ビジターセンターでの各種自然体験プログラムのほか宿泊施設もあり、都心から近くて便利で楽しい場所です。私たちは施設内のケビン(これ以外にキャンプサイトがあり、親子連れで賑わっていました)を利用しました。炊飯器・冷蔵庫から調理器具、シャワーまで備わっていて至れり尽くせりです。ただ、テレビやインターネット関係設備はなく、携帯電話の電波もあまり届かないので、今時の人達には少々きついかもしれません。でもそういう環境でこそ、じっくりといろんな話ができてよいのでは。私も仲良しご夫婦とずっと話し込んでいました。思えばずい分、贅沢な時間です(足の上をでっかいカマドウマが駈けていって、たまげましたが)。

翌日はビジターセンターのガイドウォークに参加しました。参加者は親子連れの5人と私たち3人の計8人。自然解説員のお兄さんが植物や昆虫のことなど教えてくれます。ただ話をするだけでなく、(この日のテーマは嗅覚を使って自然に親しもう、だったので)アメンボを捕まえてみんなで匂いを嗅いだり、いろんな草木の葉を揉んで匂いを嗅いだり、各々が匂いのする草木を集めてみんなで匂いを嗅いでみたり、とても面白いガイドツアーでした。

写真のトラマルハナバチはツアーの途中で見つけたものです。やはり人間には目もくれず、一心不乱に蜜を集めていました。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR