もの言わずして語る


  堂々の昭和建築 2012年2月

大阪市内を散策していた際、偶然通りかかって目が止まりました。いや、脚が止まりました。
少なくとも様式に沿った建築ではないですね。何かいろいろ組み合わさった不思議なデザインながら、強く印象に残る…。和洋折衷でもないし、比類のない独自性と言うほかありません。大阪ってすっごいなぁ。大阪出身のくせに驚きました。

調べてみると、とても有名な建築のようで、あちこちで紹介されていました。昭和2年7月竣工、地上4階地下1階の鉄筋コンクリート造り。木造建築主流の当時にあって、耐震・耐火性に優れた工法を用いた先進性もさることながら、南米マヤ・インカの意匠を施した外装のデザインはユニークなどという言葉では収まらず、奇異ですらあります。大阪人はラテンの血…?熱いですねぇ!

自身もホームページをお持ちで、「芝川ビル」で検索すると見られます。大阪の、というか当時の日本人の熱気が伝わってくるようで興味深いです。ビルのみならず、テナントには美味しいレストランもあるそうなので、皆さんも大阪を訪れた際にはいかがですか。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR