子孫繁栄の儀


  大いなる営み 2013年5月

日付は少し遡って今年の連休の話になりますが、カメラを携えて近所を散歩していると、小さな公園のフェンス沿い、花が散ったアブラナの子房(頂角果っていうのかな?)に小さなゴミのようなものが付いていました。
何だろうとよく見ると、体長が5ミリにも満たないゾウムシの仲間が2匹、今まさに交尾を行おうとしているのでした。さらに注意して見てみるとあちこちの鞘の上にカップルがいて、この虫たちはアブラナの鞘や実が柔らかいうちに卵を産み付けようとしていたのかもしれません。

蝶やバッタのように人の目に触れたり話題になることもなく(恐らく…)、また人間のことなど意に介さず太古より延々と繰り返されてきた小さな小さな彼らの営みに、大きな大きな自然を感じた次第です。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR