トビウオのこと


  水紋 2006年7月

ほどほどに暖かな海に行くと、船に驚いたトビウオがよく飛び出してきます。肉眼では丸い小波がつながって見えるくらいの印象でしたが、写真に撮るとこれが、ご覧のように見事な稲光型水紋だったのです!撮ってみて初めて分かったことで、私が一番驚きました。

トビウオはこうやって勢いをつけて、そのあとグライダーのように滑空します。長いと船の長さと同じ60~70メートル、いやもっと飛んでいるかもしれません。途中でスピードが落ちて着水しそうになると、体は空中のまま、尾ビレでぶるぶるっと水を掻いて再び滑空体制になります。だからトビウオの尾びれは下半分が長いんです。魚屋さんで見てみてくださいね(そのあと買ってあげてくださいね!)。

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

mesoplodon

Author:mesoplodon
子供の頃から「生き物」「乗り物」「化け物」好き。海やら街やらで写真を撮っています。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR